« 本日の参拝犬 陸ちゃんと中林チェリー  | トップページ | 本日の参拝犬 ロンちゃん »

2009年3月 9日 (月)

桃の節句 琴の演奏会

神社で、お琴を勉強されている、
「たかお琴の音くらぶ」の皆さんの演奏会が、行われました。

Dsc_0005_2

場所は、上河内老人福祉センターです。

当日(3月3日)ですが、
私、拙い進行を仰せつかり、お琴のお姉さまの
お手伝いをさせていただきました。karaoke

日頃の練習の成果を十分に発揮され、
会場は割れんばかりの、拍手?でした。paper

Dsc_0007

皆さんは、沢井筝曲院の和久文子先生に、習われている方々です。

当日の進行用に、お琴について調べていると、

たとえば、

明治時代に洋楽器が日本に来た時

洋琴 は ピアノsign01
風琴 は オルガンsign03
自鳴琴 は オルゴールsweat01
手風琴 は アコーディオンsign02

と呼ばれてりして。
御琴は弦楽器の総称として使われていた事や、

お琴の代表曲

「六段の調べ」 の作曲家 
「八橋検校 やつはしけんぎょう」さんが、
京の銘菓 「八ッ橋」 を作った人で、 
彼のお弟子さんが、その後、
八ッ橋の形を、お琴をイメージして作った(生じゃないほうですよ)とか・・・

御勉強になりました。

演奏後、隣の農家レストランに寄ったらrestaurant

ネコヤナギと桃が飾ってありました。
Dsc_0021

かなり遅れましたが、桃の節句の出来事でした。
snail

|

« 本日の参拝犬 陸ちゃんと中林チェリー  | トップページ | 本日の参拝犬 ロンちゃん »

コメント

(*゚ー゚*)ひな祭り当日は、宮様の司会karaokeのおかげでガタガタの演奏bombがどうにかこうにか形になったsweat01様な・・・
ほんとうにありがとうございました。


日頃の練習がまだまだ足りず、また合図の仕方やフォローが上手く行かず、聴いてくださった方々の心拍数や血圧を上げてしまったのではないかとsad深く反省しました。

そんな演奏にもかかわらず暖かい拍手や施設長さんのありがたいお言葉をいただき、次の機会に挽回を図りたいと強く思いました (*゚ー゚*)

virgoつ子さんは宮様のシャボン玉の曲の解説の時、うるっとweepしてしまったと言っていましたが、私は六段のしらべの解説の時からずーっと生八橋が頭から離れず
・・・六段イコール三角と言う図式が脳に刻み込まれてしまいました。


今も、生八橋、食べた~いですdelicious

投稿: dokin dokin | 2009年3月 9日 (月) 22時05分

ひな祭り演奏会は、宮様のすばらしいエスコートのお陰なんです。
なーるほど!フムフムというお話ばかりで、感心することばかりでした。そして、
常に学びの姿勢でいらっしゃる宮司様に、改めて頭が下がります。
曲の成り行きや意味を知って演奏することは、気持ちの入れ具合が違ってきますよね。何も知らずに演奏することの恥ずかしさも感じました。
センターのスタッフの方々もすばらしい進行ナビに感心していたこと然りと思います。ありがとうございました。note


投稿: teresa | 2009年3月 9日 (月) 23時21分

dokin dokin さん
teresa さん    

演奏会お疲れ様でした。
なかなか、皆で演奏するのは、難しい事ですけど、
着実に前に進んでいる、皆さんの演奏には、
感心しております。今から和久先生の域を目指すのは、もちろん無理な話ですけど、ゆっくりでも前進していくことは、とても大切な事だと思います。
皆さんの、琴に向かう姿勢には、神社の運営にも
大変刺激になっています。
いつもながら、感謝です。
これからも、お互いがんばりましょうネ。

投稿: takaokami | 2009年3月10日 (火) 09時58分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1174098/28541266

この記事へのトラックバック一覧です: 桃の節句 琴の演奏会:

« 本日の参拝犬 陸ちゃんと中林チェリー  | トップページ | 本日の参拝犬 ロンちゃん »